スタイルの改善

ダイエットの効果として真っ先に思い浮かぶのがスタイルの改善です。スタイルが良くなれば、見た目の印象はかなり変わります。しかし、ダイエットの効果にはかなり実用的な面があります。ダイエットにより適正体重に近づくと、健康面が改善される可能性が高くなります。例えば、BMIはキログラムで量った体重をメートルで測った身長の二乗で割り算して求めますが、この値が22前後が適正だとされています。この値が22であるときに統計的に見て、一番健康に問題がないことが多いのだそうです。ダイエットによりBMIが22に近づけば、健康上問題が起こる可能性は最も低くなるわけです。食事制限だけでなく、運動も取り入れたダイエットをした場合、体重を維持しやすくなる、というメリットもあります。これは、運動により脂肪は減るのですが、筋肉量が増えるために起こります。筋肉は人体の中でも最も代謝の活発な組織の一つで、筋肉が多ければ寝ていてもカロリーを消費する、と言われています。更にダイエットの効果として体重が減り、筋肉が増えることは、中高年の人たちに多い膝などの関節の痛みをやわらげてくれる可能性があります。体重が増えると、それだけ膝にかかる負担が増えるため、痛みを引き起こすことが多いのです。関節の周りに発達した筋肉は関節を安定させ、守ってくれます。このように、審美的な面からも、健康面からもダイエットを行い適正な体重を維持することはメリットが大変大きいのです。